読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の山道具たち

自分自身で使っている山道具たちの記録

ソロクッカー ユニフレームツアラーライトとラーメンポット900

f:id:yukiyamax:20160504102600j:plain

テント泊のときのソロクッカーは、ずっとこの組み合わせ。

すでに廃盤となってしまったUNIFLAME(ユニフレーム)のツアラーライトと、ラーメンポット900。

 

f:id:yukiyamax:20160504102629j:plain

ツアラーライトは人気のある商品だったようで、再販を望む声もあるらしい。

直径15cmのアルミの鍋とフライパン、蓋とザルがセットになっている。蓋は鍋にもフライパンにも合うようになっている。

 

f:id:yukiyamax:20160504102632j:plain

私はザルが使わずに、このように内部にラーメンポットを入れて、フライパンをかぶせるようにしてセットしている。

主食を鍋で作ると、どうしてもお湯だけほしい時があり、お湯専用にラーメンポットを使っている。

 

f:id:yukiyamax:20160504102635j:plain

アルミ鍋は適度な厚みがあって、とても調理しやすい。チタンの鍋で調理するときの、あの心地悪さはない。実に安心。

炊飯用に1合目盛りが刻んである。もちろん、炊きあがりも素敵である。

 

f:id:yukiyamax:20160504102639j:plain

この組み合わせだと重量は500g近くになる。いまではもっと軽い器具もあるのだが、長年の安心感というか、見なおそうかなと思いつつ、まだできていない。

漠然と思っているのは、ラーメンポット900をリプレースして、もう少し軽く、そしてデッドスペースを活用してカトラリーや調理器具をスマートに収納したいなと思う。

たしか、A&Fで販売していたチタンのポットがジャストサイズだったように記憶している。

 

f:id:yukiyamax:20160504102643j:plain

フライパンも焦げ付き防止コーティングがしてあるので、ちょっとした炒めモノ、温めモノに使い勝手が良い。

本格的な調理には、17cmくらいが使いやすそうだが、パッキングの兼ね合いでこのあたりの直径サイズが限界かなと思う。

あと強いて言えば、取っ手がプラプラするので、ちょっと気になるかな。

 

気になるといえば、このユニのフライパンも気になっている。ツアラーライトと組み合わせて、使えそう。重くなってしまうのだけど。

 

現行だと炊飯鍋がプラスされたセットがあるようです。内部の鍋とパンは同サイズみたい。これはキャンプなんかには良さそう。