読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の山道具たち

自分自身で使っている山道具たちの記録

MacPacが大変お気に入りなのだ

MacPacが大好きで、バックパックをいくつか持っている。

f:id:yukiyamax:20161212091834j:plainこれまで使っていたバックパックは、数年立つと加水分解の影響で内部のコーティングが剥がれてきて、場合によってはベタベタしてきてとても使いにくくなっていた。
そんなときに、aztecという生地を使用したMacPacを知り、加水分解とも無縁で長く使えそうということで使ってみたのが始まり。

最初に買ったのは、cassade65で、それからExplorerとかを買い足していった。

ほしいときに新品がなかなか無くて、casscae以外は実は全部中古。ヤフオクで落札したものです。
少し前のモデルのほうがデザイン的にも好みなものが多いのもあると思う。

Cascade 65 size3

f:id:yukiyamax:20161212091836j:plainf:id:yukiyamax:20161212091840j:plain

テント泊で使用中。
細身でシンプルなデザインが気に入っている。
ただ、内部が黒なのでパッキングしにくい。

Explorer size3

f:id:yukiyamax:20161212091843j:plainf:id:yukiyamax:20161212091844j:plain

日帰りや小屋泊で使用中。
しっかりしたヒップベルトが、重めの荷物でも安心。

kakapo 25

f:id:yukiyamax:20161212091847j:plainf:id:yukiyamax:20161212091848j:plain

日帰り用に最近購入。
まだ未使用だけど、パッキングすると細丸いシルエットになる。

kafu 18

f:id:yukiyamax:20161212091850j:plainf:id:yukiyamax:20161212091852j:plain

ライトなハイキング、自転車、街中で使用中。

 

aztec の風合いが好きで、帆布のようなシンプルさとタフさが気に入っている。
もちろん、少し重めになるけどね。

防水とか言われますが、さすがに雨にずっと打たれていると染み込んでくる。

特にトップポケットは直接雨が当たるので注意。

それに一旦濡れると乾きにくいので、連泊するときなどはできるだけ濡れないようしている。普通にザックカバー携帯したほうがよい。

生地表面は、ナイロンと違って、汚れが落としにくいように思う。
ドロや土の汚れは落ちにくく、水洗いしても、うっすらと残りますね。
これが逆にいい味になっていたりする。

これらの他にも、仕事用にカウリというバックパックや、ポーチや財布、ゲイターなどあり。

最新のMacPacも背負ってみたい。