読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私の山道具たち

自分自身で使っている山道具たちの記録

定番ヘッドランプとお試し中ヘッドランプ

山で使うヘッドランプ。

種類がたくさんありすぎて、なかなか選ぶのも大変。

私が基準にしたのは、単3電池が使えるということ。ということで、現在愛用中なのが、モンベルコンパクトヘッドランプ。

単3電池一本で、重量は70g。ハイビームにロービーム、点滅モードと、暖色モードを備えている。

今のところ暗い時間には歩かないので、このコンパクトヘッドランプで問題ない。特に暖色モードはテントの中で柔らかく照らしくれるので、とても見やすくて気に入っている。

f:id:yukiyamax:20160731173335j:plain

単3電池は、電源を統一したいため。単4の3本構成が多いけど、ちょっと電池管理が面倒かなと思っている。(やってみればそうでもないかもしれない。)

このコンパクトヘッドランプは、持ちもいいし、軽いし操作しやすいで、今のところ不安なし。ただくらい登山道を歩くのはちょっと心もとない感じはしている。 

 

 

ちょっと最近気になって買ってみたのが、このヘッドランプ。

f:id:yukiyamax:20160731173414j:plain

Amazonで約3000円。 sunix というブランドの充電式のヘッドランプだ。

ちょっとブラックダイアモンドとかにも似ている。

 

f:id:yukiyamax:20160731173417j:plain

このように、ボディの下部にUSBの充電端子あり。防水対応で重量は90g。

モンベルコンパクトヘッドランプに比べて、なんと明るい!

多くの点灯モードを備えているのだが、それを1ボタンで制御する。まだ慣れていない。赤色を備えていて、暖色モードはない。

 

f:id:yukiyamax:20160731173434j:plain

このようなナイロンのスタッフサック付き。

 

f:id:yukiyamax:20160731173427j:plain

比べてみるとヘッド部分が大きい。でも重量は約10gしか違わない。

点灯時間や充電時間など、実際に山で使いながら検証してみようと思っている。寒さへの対応も気になる。最近はモバイル用バッテリーを携行することが多くなったので、それを使えば充電もできるし。うまく使えば、乾電池やエネループより使いやすいと思っている。

たぶん、これからは充電式もラインナップも増えてくるのではないだろうか。